ゴールドウィングの系譜

GL1500 GOLDWING/SE(SC22) -since 1988-

GL1500SE

六気筒化し1520ccまでスケールアップしGOLDWINGというブランドを不動のものにしたGL1500GOLDWING

ネイキッドモデルを辞め完全にクルーザーとなった。グレードはInterstate/Apencade/SEの三種類。

六気筒化に加えクルーズコントロールシステムや、バックが出来るリバースシステムを搭載。
なぜリバースギアを搭載しようとしたかというと、手押しが難しいゴールドウイングがバックしようとしたら奥さんに前から押してもらったりする必要があった。しかしオーナーにそんな情けない方法をさせたくないという配慮から生まれた技術。

水平対向6気筒エンジン

アメリカの発表会でバックを実際に披露した所「新しいツーリング時代のはじまりだ!」と拍手喝采が鳴り止まなかったらしい。

更にこの六気筒化にも面白い開発秘話があります。

SC22

このモデルの開発はRC30を筆頭とするVF系やCBR1100XXといったホンダのスーパースポーツの産みの親とも言われる山中さんが担当したんだけど、アメリカサイドから

「六気筒は高級感もあってステータス抜群だから是非!」

と言われていた。
言われた当時は四気筒で開発を進めていたのに急遽六気筒へ。そしてスペースと戦いながらやっと作り上げた六気筒の試作車をアメリカサイドに乗らせたところ

「こんなヒュンヒュン回るバイクはスポーツであってツアラーじゃない。もっと低速からトルクフルじゃないと。」

とダメ出しされて頭を抱えたらしい。

オハイオ工場

じゃあ四気筒1500ccがいいじゃんと山中さんは言ったし最もな話だが、主要市場であるアメリカの声を無視するわけにもいかず、相当な苦労をされた模様。

まあ結果的に成功したから良かったけどね。

ゴールドウイングSE

ネイキッドモデルを辞めたためシートアレンジやカウル形状やパニアケース等、全体が非常に纏まっていてとっても上品。大成功を収めたのも頷けるバイクだね。

そして何よりこのモデルから日本での取り扱いも始まった。

業界で初めて自主規制のOVER750を突破したのは何とこのゴールドウイング。
危険というイメージから自主規制されていたのだが、それらのイメージとは遠いとして発売に踏み切る。
和名は「ゴールドウイングSE」で北米のSEと基本的に同じ。

結果的にそれまでのモデルサイクルの三倍の13年も売れ続けるロングセラーモデルになった。

金翼

コチラは10周年記念の正しく金なGOLDWING。
モンキーといいホンダは金とか銀が好きだなー。

エンジン:水冷4サイクルOHC2バルブ水平対向6気筒
排気量:1520cc
最高出力:97ps/5000rpm
最大トルク:15.2kg-m/4000rpm
車両重量:367kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

GL1000GW 1974年
GL1000 GOLDWING
GOLDWING1200 1980年
GL1100 GOLDWING
Interstate/Aspencade(SC02)
GL1200

1984年
GL1200 GOLDWING
Interstate/Aspencade(SC14)

GOLDWING-SE 1988年
ゴールドウイングSE(SC22)
GOLDWING-SE 1996年
ワルキューレ/ツアラー(SC34)
SC47 2001年
ゴールドウイング(SC47)
SC47 2004年
ワルキューレ ルーン/NRX1800(SC53)
SC68 2011年
ゴールドウイング(SC68)
F6B 2013年
ゴールドウイング F6B(SC68)
F6c 2014年
ゴールドウイング F6C(SC68)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ