ゴールドウィングの系譜

GOLDWING F6C(SC68) -since 2014-

F6C

F6B同様、後継ではなく派生のF6C

またまたF6Cって何だよって思うわけですが今度はホンダさんが発表会でちゃんと言ってました。
F フラット(水平対向エンジン)
6 六気筒
C カスタム

(って、これワルキューレと一緒じゃん・・・)

本流のGL1800が高級メガクルーザーで、バガースタイルのF6Bは装備を抑え価格と車重を抑えGL1800よりもシティライド寄りなモデル。
そしてこのカスタムモデルのF6Cは恐らくF6Bから更に装備を簡略化し値段を抑えたマッスルカー。マッスルワルキューレだね。

東京モーターショーでトヨタの社長である豊田章男さんが気に入ったみたい。

豊田章男

モーターショーでの熱い語りといいこの満面の笑みといい見るに本当に乗り物が好きなんだろうな。
ちなみに横におわす方がホンダの社長さんです。

「あれ?ホンダの社長ってこんな人だったっけ?」と思って調べてみたら豊田社長と並んでるのはホンダの社長さん。

本田技術研究所社長

そして僕が社長だと勘違いしていたこちらの方は「本田技術研究所」の社長の山本芳春さんです。

本田技研工業がホンダで本田技術研究所はそのコアです。ややこしいですね。

最後に意外だったんですが本流のGL1800GOLDWINGとF6B&F6Cの開発主査は別人みたいです。

エンジン:水冷4サイクルOHC2バルブ6気筒
排気量:1832cc
最高出力:109ps/5500rpm
最大トルク:16.4kg-m/4000rpm
車両重量:385kg(装)
※スペックはF6Bで詳細が分かり次第更新します

ページ上に戻るトップに戻る

系譜図

GL1000GW 1974年
GL1000 GOLDWING
GOLDWING1200 1980年
GL1100 GOLDWING
Interstate/Aspencade(SC02)
GL1200

1984年
GL1200 GOLDWING
Interstate/Aspencade(SC14)

GOLDWING-SE 1988年
ゴールドウイングSE(SC22)
GOLDWING-SE 1996年
ワルキューレ/ツアラー(SC34)
SC47 2001年
ゴールドウイング(SC47)
SC47 2004年
ワルキューレ ルーン/NRX1800(SC53)
SC68 2011年
ゴールドウイング(SC68)
F6B 2013年
ゴールドウイング F6B(SC68)
F6c 2014年
ゴールドウイング F6C(SC68)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ