フォルツァの系譜

SPACY250FREEWAY(MF01) -since 1984-

スペイシー250フリーウェイ

「キング・オブ・スクーター」

スペイシーの最上位モデルとして登場した今はなきスペイシーの250。

当時のホンダとしては最大最上位スクーターとして登場しただけあってこの時代にもかかわらず最初からいきなり水冷エンジンを積んでる。

もちろん無段階変速のVマチックで驚きなのは車重が118kgと激軽なこと。これは今の250ビッグスクーターと違ってメットインなどもなくコンパクトなのが理由。

今で言うとPCXと同じくらいの小ささ。

 

つまり

水冷20馬力250ccエンジン+無段階変速+118kg=とっても速い

ただし足回りが・・・まあこの頃のスクーターは全部こんな感じだったんだけどね。

まだメットインもない頃だし。

CH250

じゃあシート下はどうなってるの?って思う人もいるかもね。

シート下にはエンジンがあります。スクーターのエンジンを見たことがある人なら分かると思うけど今時のスクーターのエンジンはこうなっています。

ESPエンジン

シリンダーが前方に大きく傾いて駆動まで一体となってます。こうやって高さを抑える事でメットインのスペースを確保しているわけですね。これをスイングユニット式といいます。

それに対しこのスペイシーがどうなっているのかというとこうなっています。

SPACY250エンジン

今見るとなんだかシリンダーの方向が間違ってるような気がしますが、当時はこれがメジャーでした。

この形はメットインの普及と同時に廃れたけどね。ただその分だけ足元のスペースが開くからタンクも大きく取れてサイズの割には8.6Lも入るほどの大きさだった。

FREEWAY(MF03) -since 1989-

フリーウェイ

少し飛んじゃうんだけどマイナーチェンジがあってて五年後の1989年にはスペイシーの文字が取れてFREEWAYというペットネームだけになりました。

これがホンダが250ccでは初となるメットイン機能を備えた250スクーター。当然ながらエンジンからフレームに至るまで全てが変わっている。上で消化したようなスイングユニット式になりました。だから別物バイクといえば別物バイク。

 

 

みんな知ってるMF02は次のページで紹介します。

エンジン:水冷4サイクルOHC単気筒
排気量:244cc
最高出力:20ps/7500rpm
最大トルク:2.2kg-m/5500rpm
車両重量:118kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

スペイシー250フリーウェイ 1984年
SPACY250FREEWAY(MF01/03)
フュージョン 1986年
Fusion(MF02)
フォーサイト 1997年
FORESIGHT(MF04)
初代フォルツァ 2000年
FORZA/S(MF06)
二代目フォルツァ 2004年
FORZA/Z(MF08)
三代目フォルツァ 2007年
FORZA X/Z(MF10)
フェイズ 2009年
FAZE/S(MF11)
タイフォルツァ 2013年
FORZA Si(MF12)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ