フォルツァの系譜

FUSION/X(MF02) -since 1986-

ホンダ フュージョン

「二人でゆったり」

個人的にはフォルツァと共にホンダを代表するビッグスクーターじゃないかと思えるフュージョン。

ホイールベース1625mm(フォルツァは1545mm)という超ローロングなビッグスクーター。

さらにシート高も665mmと非常に低くまさに走るソファー・・・走るソファーといえば?

マグザム

そう2000年代に起こったビッグスクーターブームにおいて晩年に人気となったヤマハのマグザムとほぼ同じコンセプト。(いやマグザムが同じコンセプトか・・・シート高まで一緒だし)

がしかし悲しかな、フュージョンが出た頃はまだビッグスクーターの人気もそれほどなく更にヘンテコリンな形のフュージョンはダサすぎるとサッパリで1990年モデルを最後に生産終了。わずか四年余りという短いモデルライフでした。

信じられないかも知れませんが当時のホンダの最上位スクーターはこのフュージョンだったんですよ。

CH250

ところが、ところがです。

2000年代にビッグスクーターブームが始まると

「ホンダのフュージョンってよく見るとオシャレじゃない?」

という感じで再評価されて人気が出た。しかしもう生産終了してたモデルなので限られた数しかなく中古相場が暴騰。

それを見たホンダが急ピッチで生産体制を整え再び2003年に細部の変更こそあれど基本的にそのままで再販開始。

排気ガス規制強化が行われるまでの2006年まで販売される事となったわけです。

フュージョン

凄いですね。10年以上前にダサすぎて不人気だったバイクが再評価されて形ほぼそのままで再販ってなかなか無い事ですよ。ビッグスクーターブームがいかに凄かったかの証拠ですね。

これこそ時代が追いついていなかったデザインというやつでしょうか。

エンジン:水冷4サイクルOHC単気筒
排気量:244cc
最高出力:20[19]ps/7500rpm
最大トルク:2.2[2.1]kg-m/5500rpm
車両重量:155[170]kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

スペイシー250フリーウェイ 1984年
SPACY250FREEWAY(MF01/03)
フュージョン 1986年
Fusion(MF02)
フォーサイト 1997年
FORESIGHT(MF04)
初代フォルツァ 2000年
FORZA/S(MF06)
二代目フォルツァ 2004年
FORZA/Z(MF08)
三代目フォルツァ 2007年
FORZA X/Z(MF10)
フェイズ 2009年
FAZE/S(MF11)
タイフォルツァ 2013年
FORZA Si(MF12)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ