CBR600RRの系譜

CBR600RR(PC40前期) -since 2007-

PC40

「True to The Function(真の機能とは)」

600SSの熱がちょうどピークに達していた頃に出てきたCBR600RRのPC40。

オールマイティに使えるCBR600Fがいたことからスパルタンに振り気味だったPC37に対し、Fの荷も背負うこととなり非常にフレンドリーなRRへと変わりました。

デザインに目が行きがちなんだけど一番大きく変わったと感じるのは何よりポジション。シート高こそ先代と変わらない820mmだけど形状見直しで足付きが、ハンドルが上げられたことでポジションがそれぞれ優しくなったわけです。

CBR600RRコニカミノルタ

とはいうもののホンダにとって特別な称号であるRRという名を付けているだけあって最新技術を奢られたスーパースポーツである事に変わりはなく、数字的な事で言うと更なるコンパクト化が計られ車重も驚くほど減りました。

先代PC37後期から更にメインとカウンターシャフトを寄せ上げ近づける事で全長を短くし、ピストンも高純度モリブデンを着床させることでピストンリングを肉薄化、コンロッドも見直され2kgの軽量化。

CBR600RRシャーシ

車体全体のコンパクト化と11ピースから成っていたメインフレームも4ピースのフルダイキャストにし肉薄化。他にもカウルの大幅な肉抜き・・・などなど。

グラム単位での軽量化を積み重ね全体で約7kgも軽量化。装備重量187kgとクラス最軽量を誇る600SSに仕上げました。カッコいいだけのセンターアップマフラーを採用したままでこの車重は凄い。

2007pc40

他にも1000RRでお馴染みの電子制御式ステアリングダンパー「HESD(ホンダ エレクトロニック ステアリング ダンパー)」も採用。

 

それにしても何故ホンダがこれほどまでに軽量化に舵を切ったのかといえば元々

「RR=ライトウェイト」

というコンセプトがあったからというのもあります。

これは"馬力ではなく軽さが速さに繋がる"という考えが根底にあるから。

PC40ポスター写真

ただこのCBR600RR(PC40)の開発コンセプトを読んでみると、また少し違う狙いがあることが見て取れました。

 

それは"軽さは扱いやすさに繋がる"という考え。

PC40ポスター写真

600史上最小&最軽量としつつもポジションを優しめに改良したのは、単純にラップタイムを縮める為ではなく、サーキットでも公道でもシーンを選ばずに600RRのパフォーマンスを実感してもらうためということです。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:599cc
最高出力:119[69]ps/13800[11500]rpm
最大トルク:6.0[5.2]kg-m/11250[8500]rpm
車両重量:187kg(装)
※[]内は国内仕様

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

CBR600RR(PC37前期)

2003年
CBR600RR(PC37前期)

CBR600RR(PC37後期) 2005年
CBR600RR (PC37後期)
CBR600RR(PC40前期) 2007年
CBR600RR (PC40前期)
CBR600RR(PC40後期) 2009年
CBR600RR (PC40中期)
新型CBR600RR 2013年
CBR600RR (PC40後期)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ