CB400の系譜

CB-1 (NC27) -since 1989-

CB-1

「最新伝説」

全盛だったレーサーレプリカに一石を投じる形で登場したCB-1、CB400シリーズの命運を決めたバイクでもあります。

この頃はフルカウルのバイクが主流でネイキッドは全くと言っていいほど人気がなかったんだけど、エンジンの開発費を少しでも回収するためにレーサーレプリカのエンジンを流用したネイキッドがこの頃から続々と登場してきます。

このCB-1もCBR400RRのエンジンをベースに若干中低速寄りにチューニングしたもので、専用のスチールダイヤモンドフレームに搭載。

CB-1フレーム

ネイキッドモデルになるとアルミだったフレームがスチールになるのは、レーサーレプリカとネイキッドでは用途(速度域)が違うから。

まあ簡単な話、街乗りメインのネイキッドにサーキットを走っても捩れないほどの剛性はかえって扱い辛くなるからね。

 

CB-1が目指したのはサーキットなどのハイスピード域は捨てて、街乗りから峠までを楽しめる敷居の低いネイキッドの形をしたレーサーレプリカって所でしょう。

CB-1ジャケット写真

ただCB-1は性能だけでなく見た目にもコストを掛けてたりします。写真では分かりにくいんだけ三層塗装タンクにヘアライン加工サイドカバーなどなど。

 

しかしながら人気は出なかった。

CBR400のエンジンを使ったネイキッドとしては王道だし文句なしなんだけど、レーサーレプリカ層はネイキッドなんて最初から眼中にないし、肝心のネイキッド層もダブルクレードルフレームやツインサスといったネイキッド像とかけ離れて入れた見た目がピンとこず。

初年度は9000台近く売ったみたいですけど・・・もしCB-1が受け入れられていたらCB400SFもこの路線を貫いていたでしょうね。

 

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:399cc
最高出力:57ps/11500rpm
最大トルク:4.0kg-m/9500rpm
車両重量:183kg(装)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

CB350FOUR 1972年
ドリームCB350FOUR(CB350)
CB400FOUR 1974年
ドリームCB400FOUR(CB400/F)
CBX400F 1981年
CBX400F(NC07)
CB-1 1989年
CB-1(NC27)
cb400sf 1992年
CB400SF(NC31)
CB400SF ver.R 1995年
CB400 ver.R(NC31)
CB400SF ver.S  1996年
CB400SF ver.S(NC31)
CB400FOUR 1997年
CB400SF HYPER VTEC(NC39)
CB400SF HYPER VTEC 1999年
CB400SF HYPER VTEC(NC39)
CB400SF SPEC2

2002年
CB400SF HYPER VTEC SPEC2
(NC39)

CB400SF SPEC3 2003年
CB400SF HYPER VTEC SPEC3
(NC39)
CB400Sb 2005年
CB400SF/SUPER BOL D'OR (NC39)
NC42 2007年
CB400SF HYPER VTEC Revo (NC42)
CB400 SUPER BOLD'OR(NC42)
NC42後期 2014年
CB400SF/SB Revo (NC42後期)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ