世界最速の系譜

第一世代>第二世代>第三世代>第四世代>第五世代>第六世代

第二世代 -since 1980年代前半-

CB750FOUR、Z1に端を発したフラッグシップ競争で大型も売れるし美味しいと判断した四社は排気量を上げていき熾烈な争いが始まった。
パワーを得るにもアピールするにも排気量を上げるのが一番手っ取り早いからね。

GSX1100S KATANA -Since1981- 「最高速度218km/h」

GSX1100Sカタナ

スズキはGS750から始まりGS1000を経て、今でも語られる名車GSX1100S KATANAを81年に生み出す。

今となってはルックスばかりが取り沙汰されてるけど当時は正真正銘スズキの旗艦バイク。
熾烈な争いによって数年で性能は他社に引けを取る事になったけど、それを補って有り余るルックスでロングセラーとなったカタナシリーズの長男。

この形のまま大して何も変えずに2000年まで売られたんだから凄い。
「かたな」を漢字で書く時に刀ではなく刃と書く人が増えたのはこのバイクのロゴのせい。

>>GSX1100Sカタナの系譜

 

CB1100R -Since1982- 「最高速度220km/h」

CB1100R

CB750FOURを生み出したホンダも同年にロードゴーイングレーサーとして贅沢な装備をしたCB1100Rを限定で発売。これはホモロゲーションモデルで一部のお金持ちしか買えなかったからちょっと主旨が違うかな?

二年後にはCB1100Fを繰り出すんだけど僅か一年しか売られませんでした。

>>CB1300の系譜

 

GPz1100R -Since1983- 「最高速度230km/h」

GPz1100R

Z1で一躍時のメーカーとなっていたカワサキは、MK-2やGPと刻み空冷Zシリーズとして最後になるフラッグシップGPz1100Rを83年に発売。

Z1のエンジンなので他社に対し唯一2バルブエンジン。それで渡り合えたんだから凄い。

今振り返ってみるとこの頃のカワサキは他社と戦うというよりはZ1の亡霊と戦っていたという印象。偉大な先祖を持つっていうのも考えものですね。

 

FJ1100 -Since1984- 「最高速度235km/h」

FJ1100

ヤマハはXJ650から始まり84年に最後発としてFJ1100を発売。でも残念ながら四社の中では一番人気が無かった。

いや人気がなかったというより、目立たたなかったという方が正しいかな・・・他モデルが強烈過ぎて影に隠れてしまった。
でもこのエンジン実は改良を重ね現役で、今もなおXJR1300として元気に走ってるこの世代唯一の生き残りだったりします。
一番不人気が一番長生きって面白いですね。

>>XJR1300の系譜

 

-バイク黄金期突入-

当時を知る方はお気づきだとは思いますが各社微妙に排気量が違えど全て1100。
空冷イレブンとも呼ばれ、毎年のようにライバル車を超えるモデルを出し合って熾烈な争いをしていた。これはフラッグシップモデルに限らずナナハンや400や250も同じで後に「バイク黄金期」と呼ばれる時代。
(どちらかと言うと中型が先で大型に飛び火した)

バイク販売台数推移

話を戻して何故各社揃って1100なのかと言うと、「+100ccでリッター超え」というのが当時のフラッグシップの証であり、ステータスだったから。
更にこの時代はフラッグシップといえど全て空冷で、これ以上の排気量アップはオーバーヒートを引き起こすため難しかった。

水冷技術も既にあることにはあったんだけど、水冷化ということはこれまで培ってきた空冷エンジンを捨てる事になるからメーカーも及び腰だったり開発が間に合ってなかったりした。

でも性能が売上に直結するフラッグシップ市場においてスペックインフレに対応するためには水冷化は時間の問題だった。

 

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ