RS125の系譜

RS125(SF0/SF1) -since 1999-

SF型

目まぐるしく変わるRS125の中で最も長寿なSF型。

型式としてSF0とSF1と二種類あります。これには理由がありまして・・・

まずSF0(1999-2003)の方から。MP型の後継として登場したわけですが、大きな変更点は先代まで使われていたビッグキャブ(32mm)が28mmの小径に変えられ若干マイルドになりました。まあそれでもピーキーなのは相変わらずですが。

 

そして問題はSF1型(2003-2005)の方。

SFF

SF1型は2003年後半以降のモデルの事なんですが、何で分けられてるのかというと厳しくなった排ガス規制(EURO2)に対応するために、触媒入りチャンバー&エンジンヘッドの変更で馬力が28馬力にまで抑えられてるんです。それがSF1型です。

キャブを大径にしてCDIをゴニョゴニョすればパワーが上がるとか。まあ28馬力あれば十分な気もするけどね。

エンジン:水冷2サイクルピストンリードバルブ単気筒
排気量:125cc
最高出力:34ps/11000rpm
最大トルク:2.5kg-m/9000rpm
車両重量:115kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

お知らせ|更新履歴

系譜図

AF-1

1987年
AF-1 125(AF1)

R125EXTREMA

1991年
RS125(Gs)

RS125MP型

1995年
RS125(Mp)

RS125SF型

1999年
RS125(SF)

RS125Py型

2006年
RS125(Py/RD/RM)

RS4 125

2011年
RS4 125

関連コンテンツ