RS125の系譜

RS125 (GS) -since 1991-

GS型

初代RS125のGS型。

といってもAF-1からフレーム、ROTAXエンジン、スイングアームといった基本的な構造は受け継いだモデル。ただスペックを見れば分かるけど125なのに34馬力というとんでもないパワーを持ってる。これは2stワークスレーサーに迫るほどのパワー。

市販車としては最高馬力になるんじゃないかな?

市販といえるのか微妙だけどね。だってこれは本当に公道の事なんて全く考えられてないホモロゲーションモデルみたいなものだから。

エクストリーマカタログ

その申し分ないポテンシャル故にRS125のこの基本設計は2st最終となるRM型まで変わる事なく使われました。

ただそんなRS125の中で最もピーキーなモデルはどれかと言われれば間違いなくこのGS型。カート用のエンジンがベースなだけの事はあります。

エンジン:水冷2サイクルクランクケースリードバルブ単気筒
排気量:125cc
最高出力:34ps/11000rpm
最大トルク:2.5kg-m/9000rpm
車両重量:115kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

お知らせ|更新履歴

系譜図

AF-1

1987年
AF-1 125(AF1)

R125EXTREMA

1991年
RS125(Gs)

RS125MP型

1995年
RS125(Mp)

RS125SF型

1999年
RS125(SF)

RS125Py型

2006年
RS125(Py/RD/RM)

RS4 125

2011年
RS4 125

関連コンテンツ