本田宗一郎の系譜

後を託された歴代社長

ホンダドリーム

先にも述べましたがホンダにはいくつかの決まり事があります。

その中でも特殊であり有名なのが

「社長は技術畑出身であるべき」

という決まり事。

そこで歴代ホンダ社長がどういう技術者だったのか振り返ってみたいと思います。

 

初代社長(1948~1973年)
本田 宗一郎(ほんだ そういちろう)

宗一郎

世界のホンダを一代にして築き上げた創業者

口癖は「世界一じゃなきゃ日本一じゃない」

最期まで一技術者として皆と寝食を共にしオヤジと親しまれた

 

二代目社長(1973~1983年)
河島 喜好(かわしま きよし)

河島喜好

本田技研に入社した初めてのエリート(工業大学出身)で4st技術により初期のホンダを支えた

宗一郎の一番弟子と言われ45歳の若さで宗一郎から直々に社長就任の名を受ける

HY戦争の陣頭指揮を取ったことでも有名

 

 

三代目社長(1983~1990年)
久米 是志(くめ ただし)

久米是志

CVCCエンジン開発主査であり第2期ホンダF1の黄金時代を支えた功労者

ASIMOやジェット飛行機はこの社長の指示により始まった

 

 

四代目社長(1990~1998年)
川本 信彦(かわもと のぶひこ)

川本信彦

飛行機が作りたくてホンダに入社した先代社長久米の一番弟子

その久米とともに第二期ホンダF1の黄金期を支えた根っからのレース好きでセナと仲良しだった

しかし経営の観点からF1撤退という辛い決断をすることになる

かの有名なVFR750R/RC30に社長権限でGOサインを出したことでも有名

 

 

五代目社長(1998~2003年)
吉野 浩行(よしの ひろゆき)

吉野浩行

CVCCエンジン開発メンバーの一人だが専攻は航空力学で将来は川崎重工に入るつもりだった

しかしホンダにインターンシップに行ったことをキッカケにホンダへの入社を決意

ホンダの名車フィットにGOサインを出した事でも有名

 

六代目社長(2003~2009年)
福井 威夫(ふくい たけお)

福井威夫

第三期F1の指揮を取ったエンジニアで父は戦艦大和の開発者

WGP開発責任者としてNR500やNS500などを開発しHRCの社長にも就任した実績がある

プレゼン会場で自らF1マシンやRC211Vで走行し「世界一速い社長」の異名を取る

 

七代目社長(2009~2015)
伊東 孝紳(いとう たかのぶ)

伊東孝紳

NSXのシャーシを周りの反対を押し切ってオールアルミ化したという実績持ち

今になってNSXが再び話題になっているのは間違いなくこの人の差し金

しかし実はバイク好きで稀に愛車CB1100で通勤、新型バイクは市販前に必ず自ら試乗する心意気

 

八代目社長(2015~)
八郷 隆弘氏(はちごう たかひろ)

八郷隆弘

ホンダ(本田技研工業)の頭脳的存在である本田技術研究所の社長という先代までの全員が通ってきた社長コースを通らず九人抜きでホンダ社長となり大きく話題となった八郷氏

先代の伊藤前社長とはエンジニア時代からの仲で二代目CR-Vの生みの親

車を持っていない社長としても話題になったがバイクはVTRを持っている

 

お知らせ|更新履歴

章メニュー

アート商会

第一章
自動車修理工場からの独立とトヨタの子会社化

東海精機

第二章
本田技術研究所の発足とA型の誕生

藤沢武夫

第三章
本田技研工業(現ホンダ)設立と藤沢武夫

鈴鹿工場

第四章
スーパーカブの誕生

本田宗一郎の引退

第五章
技術者として引導を渡された宗一郎

本田宗一郎の逸話・名言

終章
本田宗一郎の最期

本田宗一郎の逸話・名言

おまけ
後を託された歴代社長

関連コンテンツ