バイクトリビア

復刻が望まれるバイクTOP10

 

参照:バイク王 バイクライフ研究所

第十位 ZEPHYR400/χ (ZR400C)

ゼファー400

2008年に強化された排ガス規制に対応できないとして2008年に生産終了
(規制強化前に大量生産しストックしていたため販売は2009年まで)

>>ゼファーの系譜

 

第九位 GPZ900R(ZX900A)

GPZ900R

 

ロングセラーの後に需要を満たしたとして2003年に生産終了

>>ZZR1100の系譜

 

第八位 ZEPHYR1100(ZR1100A)

ZEPHYR1100

400と同じく強化された排ガス規制に対応できない為2007年をもって生産終了

 

 

第七位 GB250クラブマン(MC10)

クラブマン

ラインの整理により1997年に生産終了

 

 

第六位 RZ250/RZ350(1AR~51L)

RZ250

後継のR1-Zへ道を譲る形で1989年に生産終了

>>TZR250の系譜

 

 

第五位 CBR400RR(NC23/29)

CBR400RR

スポーツバイクブームの低迷による販売台数の不振により2000年をもって生産終了

>>CBR400の系譜

 

 

第四位 500SS MACHIII(H1)

500SS 4st直四バイクの人気に押し出される形で1977年に生産終了

>>H2の系譜

 

第三位 900Super4/750RS(Z1/Z2)

Z1

Z1は77年にZ1000へ、Z2は76年にZ750Fourへモデルチェンジし生産終了。

>>Z1000の系譜

 

 

第二位 NSR250R(MC16~28)

NSR250R

排ガス規制及び、レプリカブームの終息により1999年をもって生産終了

>>NSR250Rの系譜

 

第一位 GSX1100S KATANA(SZ~SY)

GSX1100Sカタナ

栄えある第一位は今でも話題に上がるGSX1100S KATANA
販売台数の低迷と、発売20周年を迎えたことを機に生産終了

カタナは系譜を見てもらうと分かる通り、何度も生産終了しては再販を繰り返した歴史を持っている。

その事が再販を望む声を今でも多く生んでる要因の一つでしょうね。

>>GSX1100S KATANAの系譜

 

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ