バイクトリビア

ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキが初めて作ったオートバイ

ホンダ A型 -Since1947-

ホンダA型

ホンダの名を初めて冠した本田宗一郎設計の初代量産エンジン。
他社を真似ないという信念もここから始まった。

スズキ パワーフリー号 -Since1952-

パワーフリー号

ダブル・スプロケット・ホイルや二段変速機など、出発当初からスペックにコダワリを持っていた。

ヤマハ YA-1 -Since1955-

YA-1

デビュー一作目にして飛び抜けたデザインに加え、レースでも大活躍し脚光を浴びた。

 

カワサキ B7 -Since1961-

カワサキB7

フレームに問題があり返却の嵐となったB7。結果、月間生産台数が-17台という珍事を起こし、デビュー作にして二輪撤退の危機を迎えた。

 

こうやって見るとデビュー当時も今もメーカーの色って変わってないんですね。(カワサキは除く)

 

 

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ